不倫問題|東京・占い・解決法

慰謝料の相場|不倫問題

慰謝料について

現在、離婚をする人が増えている世の中ですが、慰謝料についてはどのくらい知っていますか?今回は法律で明確に金額が好評されてないため、意外と知ってるようで知らない不倫した際の慰謝料の金額について調べてみました!

◎慰謝料をもらえるケース

まず慰謝料とは夫(または妻)の不当な行為によって精神的苦痛を受けた場合に、償いとして支払われるお金です。
これにしては大きく分けてあげられる以下のケースがあります。

①不倫をされた場合・・・精神的に追いつめられるため立派な不貞行為にあたる。
②暴力(DV)などを受けている場合・・・身体的にも肉体的にも傷つけられるため。
③悪意の遺棄を受けた場合・・・ともに助け合うべきなのにそれに反する行為になるため。

などがあります。このようなことが起きている場合は必ず慰謝料をもらうことができます。

◎慰謝料の相場基準は?

やはり気になるのは慰謝料の金額ですね。一般的な慰謝料の相場は、50万~100万程度と言われるのですが法律での基準がないため、例えば不倫が原因で慰謝料を払う場合は、いままでやこれからの状況によって金額はだいぶ変わります。なのでどんな基準で金額が変わるのか表にまとめてみました。

夫婦関係を継続する場合   50万~100万円
不倫が原因で別居した場合   100万~200万円
不倫が原因で離婚した場合   200万~300万円

 

上の表の通り、少しの差で金額が大幅に変わります。しかしこれは裁判をやった場合の金額なので、示談などで解決した場合はこれより安く済む場合もあります。
逆に慰謝料の金額は、結婚状態などいくつかの理由によって増額したり減額したりする場合もあります。
増額要素あり…(夫婦間の子どもの有無、婚姻期間、夫(妻)と不倫相手の年齢、夫(妻)と不倫相手の子どもの妊娠・出産)など。
減額要素あり…(自分自身の落ち度、不倫相手の反省・謝罪・社会的制裁)など。

◎まとめ

今回は不倫をした場合の慰謝料についてまとめましたが、思ってたより高額な慰謝料を支払うケースが多いなと私は感じました。
そして世の中に不倫のことで悩む人も非常に多いんだなと感じました。不倫は絶対にするべきことじゃないし、相手も傷つけ自分にも損害があるので、
もし軽い気持ちで不倫している人がいたらこれを気にやめてほしいなと思います。
もし不倫をされてしまったらまずは知識のある弁護士さんに相談してみることをおすすめします。